現代人に多い歯の悩みとは

歯の色

歯の色は何色ですか?と質問されたらなんと答えますか?

 

歯の色は白色と答える人が殆どだと思います。
しかし、実際に白い歯をしている人は少なくないでしょうか。

 

白いイメージが強い歯ですが、健康な歯の色はアイボリーっぽい黄色みがかった白色です。
また、全体的に同じ色をしているのではなく、歯肉に近い程色が濃くなっているのです。
犬歯の方が黄色く、口の中心に行けば行くほど白い歯になっているのです。

 

半透明なエナメル質によってコーティングされている歯ですが、
タバコやコーヒーなどによって徐々に歯の色が茶色っぽく変化していくのです。

 

普段私達の生活において紅茶、お茶、赤ワインなどを口にすることは多々あり、
それらの色素は歯の表面につきやすいのです。
歯磨きをすることで、多少は色素を落とすことができますが、
歯の裏側であったり、歯と歯の間の隙間などはなかなか落とすことが出来ず、
色素が沈着してしまいがちです。

 

毎日の歯磨きでは落としきれない色素は、
プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニングと呼ばれる治療で取り除くことができます。
私達現代人の食生活は豊かになり、ステインを含む食べ物や飲み物が多くなりました。
歯の色が茶色っぽく変化しているのは、ステインが原因であることが殆どです。
歯の色が変化するから、といってそれらの飲み物や食べ物を摂取しないわけにはいきません。
特にお茶やコーヒーなんかは毎日飲む人も多い事だと思います。

 

定期的に、歯医者さんや専門家にクリーニングをしてもらうと良いでしょう。

薬剤

永久歯は年を取るにつれて色が黄ばんできます。
しかし、その他にもステインが原因で色が変化することもありますし、
薬剤が関係する場合もあるのです。
テトラサイクリン系の抗生物質を永久歯が形成される時に服用していた場合にも、
歯の色が変化する可能性があるのです。

 

もちろん、その薬剤の種類によっても違いますし、
どのくらい服用したか、どのくらいの期間服用したか、によってもその色の変化の程度は違います。
色の変化が激しくないばあいは、ホワイトニングなどで漂白することが可能です。

 

薬剤によって歯の色が変化した場合は、
赤ワインやコーヒーなどと違って内部的に色が変化したものですので、
人によってはホワイトニングなどの漂白をしても効果を感じられない人もいます。

 

また、フッ素を過剰に摂取した場合も歯に白い斑点が出来ることがあります。
フッ素は虫歯の予防になるため、フッ素を塗布してもらうこともあるかと思いますが、
過剰に摂取すると、白斑が出てしまう事があります。
多くの歯磨き粉にもフッ素が配合されていますが、そのくらいのフッ素であれば全く問題はありません。
ただ白斑をホワイトニングで漂白することはほとんど出来ません。
エナメル質の表面を削ることで白くすることは可能です。

 

私達は様々な現代病をかかえ、様々な種類の薬を摂取するようになってしまいました。
そのため、薬剤で歯の色が変化する人も増えてしまったのです。
軽度から中度の場合はホワイトニングで漂白が可能ですので、早目に歯医者で診てもらうと良いでしょう。

更新履歴

  • (2014/12/16)虫歯を更新しました